--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月17日 (月) | Edit |
本日は、5時に目が覚めました。
昨夜は、12時くらいに寝たのに。年のせいでしょうか

さて、土,日は各地区において行事がありバタバタでした。

各地区での秋まつりや公民館まつり、また運動会や打ち上げ(反省会)などなど忙しくも楽しく過ごしました。

とりわけ印象深かったのは、湯来町麦谷地区の神楽奉納の鑑賞です。
水内神楽団の五竜王は、昭和38年に県の無形民族文化財として指定を受け、今日まで守り続けておられます。
後継者不足など、大変なご苦労をされながら地域の伝統文化の継承に力を注いでおられることに、頭の下がる思いです。

佐伯区は、県下でも神楽の盛んな地域でもあります。
ちなみに、八幡東は有名な高井神楽団が活動されています。

先般、すごくいい話をお伺いしました
宮崎君、佐伯区を安芸高田市の美土里町のように、神楽を中心とした観光を図ったらどうか?
という話です。

昨今、確かに神楽も各地区で競演大会など開催され、ジワジワと神楽の人気が高まっており、大会によっては入場券も手に入らないと聞いています。

今まで有形のものしか目が向いていなかったのですが、地域の伝統文化いわば地域資源でありますから、無形の地域資源を生かし、自然美とあわせた観光の振興をこの佐伯区で図っていければと思っています。

しかし、私自身が神楽のことを詳しく知らないので、先ずはしっかりと神楽を勉強する必要があります。

色々なことを教えていただきながら、一に勉強、二に勉強し
佐伯区が活性化すれば広島西部地域ひいては広島県の活力が引き出せると信じ、これからもしっかりと地域の声を大事にしてまいります。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。