--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月29日 (金) | Edit |
今、AM9時まえです。
今朝、八幡川沿いを散歩及び軽いランニングをしました
朝から汗をかくとよいですよ。家に帰ってシャワーを浴び心身ともリフレッシュしました。

さて、7/27~7/28に開催された広島県社会福祉夏季大学で受講してきました
この度は、『ひとりぼっちにしない・させない地域にするために』をテーマに二日間にわたり、6講座が開講され大変勉強になりました。
地域福祉とは、地域に医療・介護など専門的なサービスを提供することも必要なのですが、住民参加により地域で
 人と人のつながりをつくりだす 』 ことが、地域福祉の原点であるということを学びました

しかし、来場者がご年配の方が多かったのですが、何か地域でお役に立ちたいとの思いで受講されていたのでしょうね

コメント
この記事へのコメント
福祉の高齢化
社会福祉、地域福祉、医療福祉、児童福祉、障害福祉などの分野では若者の福祉従事者離れが目立ちます。特に広島県の場合は老人介護福祉以外の分野で若者の育成体制が不十分なこともあり今後が心配されます。広島県下の場合こうした福祉分野の従事者にも高齢化が進んでいますので対策をと思います。
議員も存じるところの国が打ち出した、こうした若者を育て推奨する施策は二つありますが広島県下では馴染みが無く若者に目が向けられていません。
毎年社会に送り出される若者の中で学校や行政は就職率のみを重視しておりますが就職後一年未満の離職率は約半数に上ります。
と言うことは優良納税者率も減ることとなり広島県下での税収難に至る訳です。警察官や消防士に自衛隊などに若者の就職希望が増加傾向にあるようですが、ここも税金で賄われている組織です。中学高校の早い段階で社会についての仕組みや働くことでお互いが支え合って生きている仕組み等を教え体験させることが必要なのではと思います。
2011/08/03(Wed) 08:23 | URL  | シイバ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。