--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月12日 (日) | Edit |
あっという間に過ぎた一週間でした。梅雨でうっとしい日々が続きますね
東日本大震災で、脱原発の議論が世界中で拡がっていますね。

とりわけ、ドイツは2022年までに、スイスは2034年までの「脱原発」の政策を決定しました。
ドイツは、脱原発によるエネルギーの不足分は、当面は火力発電所の増設などで、将来的には自然エネルギーの拡充で埋めるということのようです。ドイツは、電力の約半分を石炭火力で賄っています。また、ドイツが脱原発へと舵を切れるのは、電力の8割を原発に依存するフランスなどから電力を輸入しているからです。

国内もこの方向転換を評価する声がありますが、日本は島国ですし、ドイツのように陸続きの状況とは全く違うわけで、隣の国から簡単に電力を買うことはできません。

政府は、エネルギー戦略の見直しに着手していますが、安全性と安定供給を両立させていかなければなりません。
産業競争力を維持するため、国民が安心できるよう、更に情報を公開し安全性を高めて、原発を活用していくことが、当面の現実的な選択でありますが、自然エネルギーなどの拡充も当然のことながらしていかなければいけませんね


さて、本日は午前中に様々な行事がありました。一つをご紹介しますと、五日市観音地区の防災訓練がありました。雨のなか、地域の方々は熱心に訓練に取り組んでおられました。地震が起きた想定で、観音小学校を避難場所として350名以上の方々が、迅速に避難場所へ集結されました。このような、訓練こそが『いざ』という時に役立ちます。

しかし、ちょっと思ったことは、私は八幡東の石内川と八幡川と間に在住しています。避難場所は八幡東小学校体育館ですが、もし両河川が、氾濫したら当然のことながら、家はもちろんのこと体育館も浸かってしまいます。避難場所のことなど、一つ一つの課題を克服していかなければ   と意識が高まった一日でした。

皆さんご自身の避難場所は、ご存知ですか


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/06/14(Tue) 10:09 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。