--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月02日 (木) | Edit |
本日、国政は衆議院において、内閣不信任案を否決しました。

ふと、平成5年に宮沢内閣において、政治改革をめぐり内閣不信任案が可決され、衆議院総選挙がおこなわれたことを思い出しました。

しかし、このたびはもし可決されたにしても解散をせず、総辞職し 新たな政治体制 を創るべきと思っておりました。

びっくりしたのは菅総理が衆議院本会議の前に民主党代議士会で、「東日本大震災と東京電力福島第1原発事故のめどがつくまで、首相としての責任を果たさせていただきたい」と述べらたことです。

強いリーダーシップが必要なとき、辞意を表明した総理の下で、、この国難を乗り切れるのか はなはだ疑問です

早く二次補正を成立させ、被災者のための対策を講じてほしいものです


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。