--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月18日 (金) | Edit |
13日のことですが、八幡東小学校のPTAが「文部科学大臣表彰」を受賞した感謝の集いが開催されました


この受賞は広島市内で1校のみ、広島県下でも4校の受賞ということで非常に光栄なことであります。

現在のPTA会員の活動はもとより、PTAの諸先輩方や地域の皆様、そして学校関係者の皆様が今日まで築いてこられたものを現在のPTA会員が継続し、さらに発展させることができた結果だと思っております。

PTA会員の一員として、改めて関係各位の皆様に感謝を申し上げる次第です。


そもそもPTAとは、保護者と教職員が協力し合って学校を支えることによって、子どもたちを健全に育成できるような環境づくりを作ることが活動の役割だと考えております。


これは聞いた話ですが、外国の要人が外遊をされた折、まずはその国の子どもたちの様子を関心を持って見るそうです。
なぜなら、子どもたちの様子を見るとその国の30年後、50年後の在り方がおおよそ分かるそうです。


やはり子どもの成長・教育の原点というのは家庭教育であります。
しかしながら、昨今の社会環境や経済環境のなかで親の力というものが低下しているのも否めません。

だからこそ、子どもたちを地域全体で見守り、育てていくような環境づくりをさらに構築していく必要があると思っています。

そういった環境で育った子どもたちがふるさとへの郷土愛を持ち、次世代の地域社会を担っていくことで新たな日本をつくる原動力となってくれるものだと期待しています


良い教育の環境づくりが、いかに大事かということを考えさせられた1日でした。


banner2.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。