--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月30日 (日) | Edit |
今日は雨になりました

昨日から、年末のあいさつ廻りを開始しており、嫌な雨です。

しかし、来年の4月になると任期の折り返しになるので、一期の立場でありますから、やはり常に緊張感を保ち、お世話になった方々へ意を伝えるべく、地に足のついた活動をしてまいりたいと思います。

さらに、後援会の組織づくりも本格的に進めていかなければならないとも思っているところです。

さて、先日、大変お世話になっている先輩とささやかな忘年会をしたところ、自分自身も感じていた共通の話題で盛り上がりました。

というのは、先の衆議院議員総選挙でも感じていたのですが、候補者がいくら素晴らしい政策を訴えても、聴衆がその思いを受け止め「共感」しないと、支持は拡がらないですし、独りよがりで終わってしまいます。

もちろん、相容れない政策や考え方があるにせよ、何とかご理解をいただけるよう、丁寧に説明をして、少しでも思いを「共有」することができるようにするための政治が、これからは求められてくるのだろうと感じています。

私も、このような思いを抱きながら、来年も粉骨砕身努力をして参る所存であります

明日も、更新しますぞ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。