--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月26日 (月) | Edit |
昨日は、八幡地区の一町内会の忘年会に参加しました。
八幡にも、猪が出るのですが、その猪を捕獲し、昨夜は猪鍋や焼肉など楽しい忘年会でした。
私は、イノシシ鍋が好物なので大変幸せでした

しかし、真面目な話ですが、

昨今、耕作放棄地や荒廃山林の増加などにより、イノシシ、サルが,人の生活圏域へ侵入拡大しているため農作物に甚大なる被害が生じています。

先般も県議会会派において、捕獲などに関する取組みなど有害鳥獣対策の勉強会が発足したところです。

行政としての支援体制、関係機関の連携強化、生態把握、有効な被害防止対策、適確な捕獲、捕獲鳥獣の活用、森林の整備など課題はたくさんあります。

高齢化が進む中山間地域で、農業をされている方々が、ようやく収穫しようとした時期に、被害にあったりするなど、『農業を諦めてしまわない』、防止対策の計画を早急につくっていかなければなりません。


で、話は元にもどりますが、その町内会はスゴイなと感じました。

佐伯区内で、忘年会を催す町内会は、ほとんどないと思います。

普段の町内会行事や活動のなかで、顔をあわせ共同作業をすることはありますが、ゆっくりと交え、本音で語り合うなどは、大事なことだと思います。

町内の結束をより強固にするものであります。

いざ という時に、平素からの積み重ねが大事ですね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。