--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月18日 (日) | Edit |
昨夜は、五日市西地区秋祭り保存会の納会(忘年会)でした。

実に、有意義な時間を過ごさせていただきました。

と、いうのも宴会中に『 祭師 』第1級検定試験がおこなわれました。

名称のとおり保存会ですから、地域(郷土)の祭り文化を復活させ、次世代へ伝承することを目的として地道な活動をされているので、保存会の会長が会員に対し、どれくらい五日市西地区及び祭りの歴史を伝承できているか? との想いの不意打ちのテストでした。

検定試験にめでたく合格された方は、5名でした。
ちなみに、私はなんとか70点でした

そこで、昨夜の設問のひとつですが、

神楽についてです。
太陽の天照大神は、素佐之男命の乱暴に困り果て、天の岩戸にお隠れになり、世の中は暗闇となった。八百万の神々は、岩戸の前で歌や踊りで大賑わい、天照大神が何事かと岩戸を開けられ、元通りに世の中は明るくなった。
これが、神楽の始まりといわれている。

さて、 でしょうか × でしょうか?

解答は、次のブログへ更新しますが、ご自身でちょっと調べてみてください。

というふうに、10の設問があり、大いに盛り上がった会でした
郷土の暮らしている私たちは、世代を超え地域の伝統・文化を学び、継承していかなければならないと実感しました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。