--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年05月28日 (月) | Edit |
一昨日、康和会の第2回のゲートボール大会を開催しました。

157名の参加をいただき、楽しく和気あいあいの一日だったと思います。

私は、ちょうどこの日は留守にしていたのですが、役員各位が準備にあたっていただいたお陰で、無事終えることができ、本当に有難いことです

さて、6月議会が6/21~7/2まで開会されます。

五日市商工会の補助金不正受給などのことも、議論されることになると思います。

今回の事案を徹底的に真相究明することによって、何故、このような不正が起きてしまったか?ということを明らかにしていかなければならないと感じております。

やはり、入会率の背景にある根本的な問題を整理して、商工会の果たす役割を今一度大いに議論すべき時期を迎えていると思います。

商工会法は、昭和35年に施行され、当時と今では取り巻く社会環境は大きく変わっており、地域の活性化に寄与してきた商工会は、存続していかなければなりません。

例えば、町内会の加入率の低下にみられるよう、地域社会への帰属意識がだんだんと薄くなっているなか、加入率が低いからということで、町内会をなくしてしまえばということにはならないと思います。

いずれにせよ、これは五日市商工会の課題だけではなく、全体的な課題として商工会とは何のためにあるのか、地域の活性化を担ってきた商工会を存続させていくためにはどうすればよいのか!
制度に不備があるようであれば、国に対して見直しなどを求めていくとか、県でも要件の緩和などの見直しなど、何らかの行動を起こしていく必要があると思います。

今夜は、コイン通り商店街振興組合の総会後の懇親会に出席させていただきます。

商店街も、加入率の低下で同じ課題を抱えており、同じ観点から行動をしないと

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。